「日本製造業の技術力を元に、世界に通用するオリジナル商品ブランドを構築する」
世界のブランド品の一大消費国である日本には、世界中のブランド品が溢れています。では日本発のオリジナルブランド商品は世界でどれほど受け入れられているのでしょうか?日本の商品の製造技術は世界一なのに、ブランド力がないばかりに競争に負けているのではないでしょうか?
一方で、日本の中小製造業も、少数の日本発の大企業ブランドに依存し、独自ブランドの構築など考えたこともない企業ばかりではないでしょうか?
微細工房はこんな現状を打破し、中小製造業であっても「技術力に裏打ちされた最高の日本発ブランド」を構築することが可能であり、“本物の技術は世界に通じる”ことを具体的な行動で証明していきます。そのために、微細工房の趣旨に賛同してくださる、デザイナー、製造業、流通業等々と連携し、下請けピラミッド構造とは一線を隠したネットワーク型での商品開発を目指していきます。